毛を再生させなくする永久脱毛方法

> 毛を再生させなくする永久脱毛方法

毛を再生させなくする永久脱毛方法

女性であれば、ワキやひ腕、脚などはムダ毛処理をしていますよね。カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、ワックス脱毛をしている人もいるでしょう。

「脱毛」というのはそもそもどういうものでしょうか?

一般的には、エステや、クリニックの特殊な機械を当てることによって、毛を再生させなくすることを「脱毛」と呼んでいます。これは、狭い範囲での脱毛です。

一方、上に挙げた「ワックス脱毛」も、脱毛に入りますよね。ワックス脱毛とは専用のワックスを肌に塗り、一気に剥がすことで毛を抜く処理方法です。でもこれは、ただ毛を抜いているだけなので、「毛を再生させなくする」こととは違います。

広い範囲での脱毛とは、エステやクリニックでおこなわれている脱毛のほか、ワックス脱毛も含まれる、ということですね。

でも、単に「脱毛」と言う場合にはエステの光脱毛や、クリニックのレーザー脱毛のことをさしています。これらは特殊な機械を使っておこなう脱毛方法ですね。

どちらも仕組みは同じで、脱毛機の光を当てることによって毛根にダメージを与え、毛が生えなくなる、という仕組みになっています。

ただレーザー脱毛は医療機関にしか使用が認められておらず、エステでは、レーザーよりも弱い光によって、脱毛しています。このことを正確に言うと、脱毛ではなく、「制毛」つまり、「毛が生えるのを抑えること」だと言われています。

ではエステでの脱毛に効果がないかと言えば、そうではありません。一般的に、エステでの光脱毛は、クリニックのレーザー脱毛に比べると約2倍の回数がかかります。料金的にはエステの方が低価格です。

また、光がムダ毛に反応する際に痛みを感じることがありますが、出力の弱いエステの脱毛の方が痛みは弱く、クリニックの脱毛の方が痛みが強いです。

痛みの感じ方には個人差があるほか、脱毛する部位によっても異なるので、部位に応じてクリニックで脱毛したり、エステで脱毛したりと使い分けても良いかもしれませんね。

脱毛というと主にクリニックのレーザー脱毛と、エステの光脱毛がありますが、他にも、「家庭用脱毛器」を使った脱毛方法もあります。これも仕組みはレーザー脱毛や光脱毛と同じです。

家庭用脱毛器はその名のとおり、家の中で自分で脱毛できる脱毛器です。

安全な設計になっていて、自分で脱毛できるのはメリットですが、背中など、自分で手の届かないところは脱毛できないほか、エステなどで脱毛することと比べると、肌トラブルを起こしやすいというデメリットがあります。

また、ワキのような狭い範囲の脱毛ならすぐに終わりますが、脚のような広範囲を脱毛しようとするとかなり根気のいる作業になるので、疲れが溜まりやすいです。


家庭用脱毛器は、光脱毛やレーザー脱毛と同じ仕組みで脱毛できるものです。でもそれ以外に、「脱毛器」と呼ばれるものがあります。それは、「ソイエ」のような、毛を抜くタイプの機械です。

これも自分で手軽に使える脱毛方法ではありますが、毛根にダメージを与えて毛が生えないようにするといった高度なものではなく、単純に毛を抜くだけのものです。

肌を押さえながら抜くことができるので毛抜きを使うよりも肌への負担が少なく、処理も簡単、というのはメリットですが、毛を抜いて処理することを続けていると、埋没毛や乾燥肌、炎症の原因にもなるので避けた方が良いでしょう。

それから、クリニックや一部のエステでおこなわれている「ニードル脱毛」という脱毛方法もあります。ニードル脱毛とは「針脱毛」とも言われています。

これは、毛穴に針を刺して、その針に電流を流すことによって、毛根にダメージを与えることができる方法です。

ただし、1本1本処理していくものなのでレーザー脱毛や光脱毛と比べると非常に時間がかかる上、費用も跳ね上がります。

この脱毛方法は、レーザー脱毛や光脱毛が普及する前は主流の方法でしたが、最近ではあまり見なくなりましたね。

ただ、歴史が古いことから「永久脱毛」と言っても良いとされている唯一の脱毛方法なんですよ。

レーザー脱毛や光脱毛は歴史が浅いために、数年は毛が生えてこなくても、何十年にもわたって生えてこないかどうかというのは証明できていません。

レーザー脱毛や光脱毛をしたあと、何年も生えてきていない人はたくさんいるので、そのうち「永久脱毛」と言えるようになるでしょう。クリニックによっては、レーザー脱毛を「永久脱毛」と謳っているところもあります。

これから脱毛をしようとしている方に「ワキ脱毛が安い!人気脱毛サロンの情報が満載」の記事が参考になります。

脱毛をするならば、肌の事を考えてエステやクリニックで脱毛することをおすすめします。