自己処理で脱毛をする危険性

> 自己処理で脱毛をする危険性

自己処理で脱毛をする危険性

ムダ毛をそのまま生えっぱなしにしている女性は少ないと思います。ほとんどの人が、なんらかの方法で処理していますよね。

でも、処理方法によっては肌に負担を与えてしまうことになるので、注意しましょうね。

ムダ毛を自己処理する方法としては、以下のような方法があります。

・カミソリや電気シェーバーで剃る
・毛抜きで抜く
・除毛クリームを使う
・自宅用のワックス脱毛をする

それぞれの自己処理方法についてみていきましょう。

まずカミソリは、もっとも使っている人が多いと思います。カミソリだと値段も安いですし、手軽にスピーディに処理できるのが魅力です。

でも、カミソリは肌を傷つけてしまいます。カミソリは、肌に直接当てて使用しますよね。刃物を皮膚に当てるわけです。そうなると、肌に必要な角質まで削り取ってしまうんですね。

わたしたちの肌は、表面が角質によって保護されています。角質は細胞分裂を終えた細胞で、役目を終えたらやがて剥がれ落ちて行きます。肌にある角質がいつまでも残っていると角質層が厚くなりガサガサとした肌になってしまうのですが、必要な角質まで落ちてしまうと肌の保護機能が失われて、乾燥し、肌トラブルが起きやすくなるんですよ。

また、カミソリで肌を傷つけやすいのも問題です。肌が傷ついてしまうとそこに雑菌が入り込んで炎症を起こします。

カミソリで処理する場合はお風呂でおこなう人が多いですよね。お風呂は非常に雑菌の多い場所なので、雑菌が入り込みやすくなってしまうんですよ。

一方電気シェーバーは、比較的肌への刺激が少ない自己処理方法です。電気シェーバーの場合は直接刃が肌に当たるわけではないので、負担が抑えられるんですね。

ただ電気シェーバーの場合は、カミソリで剃るのに比べると仕上がりがイマイチ、という問題があります。毛の薄い顔などであれば電気シェーバーでも十分ですが、わきやVラインといった毛が濃いところでは電気シェーバーで処理してても毛穴が目立ち、すぐに生えてきてしまうので人気がありません。

剃ってもすぐに生えてくるから、という理由で、毛抜きで抜いている人もいます。でも毛抜きでの自己処理はおすすめしません。

毛抜きで抜く時には、皮膚も一緒に引っ張られます。それを繰り返すわけですから肌には大きな負担がかかります。毛がなくなったあとの毛穴に雑菌が入り込むことも多く、炎症の原因になっているんですよ。

それに、埋没毛になりやすいのも毛抜きによる処理のデメリットです。埋没毛とは、生えてきたムダ毛が皮膚の表面に出てこられず、皮膚の内側に埋もれてしまう状態のことを言います。肌が乾燥してると埋没毛になりやすいので、ひざ周りに埋没毛ができている人は多いんですよ。

毛抜きでの自己処理は皮膚を強く引っ張ることになるため、たるみの原因にもなります。

それから、除毛クリームはどうでしょうか。除毛クリームは、処理したい場所にクリームを塗って数分放置したあとにふき取ると、毛が溶かされてきれいに毛を取り除くことができる処理方法です。

ただ、除毛クリームも肌への負担が大きいです。除毛クリームは保湿成分なども配合されていますが、それでも実際には「毛をボロボロにして溶かす」という薬剤です。

髪の毛にパーマを当てる時のパーマ剤の、もっと強力なもの、と言えば分かりやすいと思います。パーマ剤でも、皮膚につかないように細心の注意を払いますよね。そのパーマ剤よりも強力な薬剤を肌にたっぷりと塗りつけるのですから肌に良いわけがありません。

特に肌が弱い人は、事前に必ずパッチテストをしておかないと、広範囲にわたってかぶれてしまうことがあるので気をつけてくださいね。

除毛クリームは、コスト的にも負担が大きい処理方法です。1本千円程度の除毛クリームでも、腕や脚など気になるところをすべて除毛するには1本使い切るぐらいの量が必要です。

もし、週に1回処理をするなら1か月で4千円、1年で4万8千円。10年続ければ50万円ほどかかる計算になりますね。50万円あればエステで全身脱毛ができる値段です。

それから、最近人気があるのがワックス脱毛です。「ブラジリアンワックス」と言われるものですね。海外では人気の処理方法で、ワックスを肌に塗ったあと、一気に剥がすことで脱毛する方法です。

ワックス脱毛は、毛抜きで抜くのと違って一気に広範囲の毛を抜くことができるので、時間もかからないのが魅力ですね。

ただワックスは取り扱いが難しく、使用前に人肌程度に温める必要があります。このとき温め過ぎによってヤケドする人もいます。それに、剥がすのがうまくいかずに、痛い思いをしただけでちゃんと抜けなかった、という失敗も多いです。

慣れれば上手に抜くことができますが、慣れるまでは大変ですよ。それに毛抜きほど時間はかからなくても、カミソリや電気シェーバーで剃るのに比べるとかなり時間がかかります。

そして、毛抜きほどではないにしても、やはり毛を引っこ抜く方法なので、肌も引っ張られますし、負担は大きいですね。

ワックス脱毛はコストもかかります。除毛クリームほどたっぷり肌に塗るわけではないのですし、処理の頻度も低いのですが、ワックス自体がそれなりのお値段なので、除毛クリームと同じぐらいのコストがかかると思っておきましょう。

ワックス脱毛の場合は、毛を抜くので、次に生えてくるまでの期間が長いというのは魅力です。また、脱毛後にきちんとスキンケアをしていればある程度きれいな肌は保てます。ですからネックはコストの問題ですね。

そして、ワックス脱毛はいくら抜いても毛は生えてくるわけですから、終わりがないことも難点ですね。比較的負担の少ないワックス脱毛ですが、長年にわたって続けていると肌にダメージが蓄積されますし、たるみの原因にもなります。

10年で50万円程度の出費なら、30年も続ければ150万円になります。これだけのお金があればクリニックでも全身脱毛ができますよ。

脱毛は高いというイメージがあると思いますが、トータルで見れば自己処理をするよりも費用が安いんです。いきなり全身脱毛は抵抗があるかもしれませんが、わきの脱毛なら気楽にできると思います。費用もキャンペーンを利用すば数百円という激安のエステも。

脇がきれいになると他もキレイな肌にしたくなるんですよね。案外気が付かないのが背中の産毛。脇と同じように人の目線がいくところです。脇よりもうなじ辺りの背中の毛の方が視線が集まる部位かもしれません。

自分で見えない部分ってムダ毛が生えていることすら気がつかないんですよね。背中脱毛するメリットってあるの?と思った人はこのサイトが大変参考になります。→背中脱毛をするメリット・デメリットは!?安い脱毛サロン探し

脱毛は長くてもせいぜい3年程度で、たいていは2年ほどで完了します。しかも自己処理のように頻繁に処理するのではなく2〜3か月に1回脱毛機を当てるだけですから負担は少ないですよね。

脱毛は決して高いものではありません。長年かけて肌を傷めながら100万円以上のお金を使うのか、2〜3年だけで数十万つかいその後は自己処理から解放されるのか、どちらが良いのか考えてみてくださいね。