医療レーザー脱毛には種類がある!

> 医療レーザー脱毛には種類がある!

医療レーザー脱毛には種類がある!

医療レーザー脱毛はクリニックにのみ許された脱毛方法で、エステの脱毛や家庭用脱毛器よりも威力が強く、脱毛完了までにかかる回数が少ないのが特徴です。

その分痛みが強く、費用も高いのはデメリットですが、医療機関ならではの安心感と、強い脱毛効果で人気があります。

医療レーザー脱毛を扱っているのは主に皮膚科と美容外科です。美容外科の場合は全国展開しているような大規模なクリニックもあり、価格もかなり安くなっているんですよ。


さて、医療レーザー脱毛は、脱毛の仕組み自体はエステの光脱毛や、家庭用脱毛器と同じです。脱毛機から発射される特殊な光を肌に当てることで毛根にダメージを与えます。

この光の威力が強いのが医療レーザー脱毛、医療機関外でも使えるように威力を弱めたものがエステの光脱毛、さらに個人でも使えるように開発されたのが家庭用脱毛器、ということになります。

医療レーザー脱毛に使われる脱毛機には主に4種類あります。それぞれ特徴が違い、肌質や毛質などによって使い分けられています。

ここでは、主なレーザー脱毛機の種類を紹介しましょう。

【ダイオードレーザー】もっとも一般的に広く使用されているレーザー脱毛機です。高出力での照射が可能で、少し日焼けした肌や、産毛のような細い毛にも対応しやすい脱毛機です。

【アレキサンドライトレーザー】ダイオードレーザーと同じく一般的に広く使用されている脱毛機で、シミやアザの治療にも使われています。肌のコラーゲンの生成を促進するので美肌効果もあると言われています。

【YAGレーザー】他のレーザー脱毛機に比べて波長が長いので、男性のヒゲなど毛根が深い部位への脱毛に向いています。また、日焼けした肌にも効果が期待できるので、肌の色が暗い人にも向いています。

【ライトシェア・デュエット】ダイオードレーザーの最新機種です。従来のものに比べると一度に照射できる範囲が広く、ジェルの使用や冷却も不要になっているのでスピーディに脱毛することが可能です。また、吸引システムを採用しており効率的に毛根に照射できるようになっています。痛みがほとんどないのも魅力です。

これらが主な脱毛機の種類になりますが、どのクリニックでもすべての脱毛機を導入しているわけではありません。クリニックによっては一種類だけ、というところもありますし、数種類の脱毛機を設置して人によって使い分ける、ということをしているクリニックもあります。

クリニックで脱毛しても、痛みが強かったり効果が思うように得られない、ということもあります。そんなときは、別の種類のレーザー脱毛機のあるクリニックに行ってみると問題が解決されることもあるんですよ。

医療レーザー脱毛の場合はどのような脱毛機を使用するのか、ということで効果も変わってくるので、クリニックを選ぶときにはそのクリニックが使用している脱毛機について調べてみましょう。

脱毛を扱っているクリニックでは、ホームページでも脱毛機の紹介をしています。一度脱毛してみると自分にあった脱毛機の種類も分かってくるので、自分にあった脱毛機を導入しているクリニックを探すのも良いですね。

クリニックの脱毛は高額ですし、もし思うように効果が得られなければもったいないです。また、強い痛みをいつまでも我慢しなければいけないというのも辛いものです。

脱毛機によってかなり差がでるものなので、はじめからコースの契約をするよりも、お試しなどで安くでできる脱毛を試してから決めるのがおすすめですよ。